歯科治療

歯は乳歯から永久歯に生え変わるのを最後に二度と生えてきません。そして現代の歯科医療では虫歯になると削って治療する以外に有効な治療方法がありません。もちろん一度削った歯は戻ってこないため、歯は大切にしなくてはいけないという事は世間一般の常識とも言えます。

しかしそうは言ってもやはり虫歯になっている人は多く、治療が怖いからと言って放置していればさらに虫歯は悪化し、そこに痛みも伴ってより症状は悪化してしまいます。ホワイトニングや歯石を取りに行くという事であれば歯科へ行くことも苦にならないのに、虫歯治療となると途端に行きたがらない人が増えるというのが歯科業界の現状です。そのため歯科に訪れるまでに虫歯が進行しすぎて手に負えず、やむおえずに抜歯する場合も出てきます。歯は二度と生えてこないため自分の歯をもう一度再生することは出来ませんが、人工的に作った歯を装着することは可能です。それがインプラントです。

インプラントはまるで本当の自分の歯であるかのように装着できるため、入れ歯とは違います。抜歯した部分のあごの骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人口の歯を取り付けるのがインプラントです。あごの骨に人工歯根を埋め込まなくてはいけないため、外科手術が必要となります。その手術をした後すぐに歯を取り付けるのではなく、人工歯根が周辺の骨と溶け込むのを待ってから上に歯を取り付けます。そのためインプラント治療には約3~6ヶ月の期間が必要です。

そして歯は白い方が綺麗なため、ホワイトニングも重要です。ホワイトニングには自宅・歯科、あるいは両方で出来る3つの方法がありますが、どれもホワイトニング効果は同じです。

イチ押しリンク

名古屋でインプラントの腕がいい歯科をお探しなら「インプラント歯科ガイド~名古屋編」

インプラントを東京の歯科でお考えなら【恵比寿デンタルオフィス】
インプラントなら埼玉の歯科医院で検索してみよう|みさわ歯科

カテゴリー

  • カテゴリーなし